どちらが有利?オプションの売りと買い
オプショントレードを行っていると仲間うちで話題になるのが、売りか買いかどちらがより有利かということです。

例えば株の取引なら相場の状況によって売りか買いかを決めるわけですが、そこには精神的な部分も関連してきて、この相場なら強気に出られる、いやここは慎重に行こうなどという側面からも判断が変わってくるでしょう。
しかし相場の動き方を見て判断する株や先物とは違い、オプション取引での売りと買いには大きな違いがあります。

ならばオプション取引での売り、もしくは買い、果たしてどちらが有利に取引を進められるのでしょうか。
オプションなら「売り」が推し
株券オプションの市場において、権利が実際に行使されている割合をアメリカの例から見てみると、実にその数字は17%程度であるという統計データが出ています。
ということは、全体で取引されているオプションのうち8割以上が権利行使されていないことになります。大多数のオプションがそのまま期限切れを迎えて権利放棄されているという現状なのです。

予想される相場の動き方とは大きく分ると、買い手にとって非常に有利になるような大きな動き方、もしくは小さな動き方をする場合、何の利益にもならない横ばいの状態、不利になるような大きな動き方、もしくは小さな動き方をする場合などがあります。ということは、「買い手にとって有利になる大きな変動」さえなければあとは売り手にとって有利になると言えないでしょうか。

また相場の状況次第では、様々な戦略を立てていけばオプションの売りで勝率をほぼ9割とすることは実現可能になるのです。
勝率は上がるけれど反面利益獲得額は・・・
オプション取引を始めるなら、勝率の高い「売り」から入るのは間違っていません。
ただこの取引方法で続けていくと、ある一定期間後に利益獲得の総額を見るとイマイチだということもわかってきました。
1年ほどこの取引方法を続けた結果、全ての取引回数と利益を得た勝ち回数の割合を統計すると勝率はだいたい9割以上と非常に高い結果が出ましたが、パフォーマンスに関しては高くないのです。

よくよく分析してみると、売りオプションの特徴柄、負けた時の損失が勝った時の利益を相殺してしまうのが理由です。
勝率が9割なのに、利益獲得額が低い・・・パフォーマンス面においても高くなくてはいくら勝率が良くてもあまり意味がないと思うでしょう。
勝率だけにこだわって売りか買いかを判断するだけでは、有利なトレードができるようにはなりらないのです。パフォーマンス面もしっかりと向上できるように策を練らないと上級者にはなれませんし、結局面白みのないトレードをただ続けているだけということにもなりかねません。
とはいうものの、オプション買いに転じれば勝率がダウンすることは避けられません。米国市場の権利放棄率を見ても分るとおり、オプションの買いは損失を被るパターンが多いので勝率は必然的に下がることとなります。
その反面、パフォーマンス面には変化が見られます。

勝率が売りの時よりもガクンと落ちることになっても、一回の勝ちで取引数回分の損失を補填することができれば、その分利益獲得額は積み重なり大きくなっていきます。
ならば「買い」が推しなのか?と言われればそうとも言い切れません。
ここで大切なのは勝率に執着しすぎて、その結果得ることになるパフォーマンス面の重要さを忘れてはならないという点なのです。
オプションの売りだけで勝率と利益の双方を高く維持しているトレーダーも中にはいますが、肝心要の利益面を見落としがちのトレーダーも実は多いのです。

さてそれならオプションの売りだけでどうやって利益の面もパフォーマンス維持していけるのかというポイントですが、取引の際にいくつか徹底して行わなければなりません。
過剰なポジションを持つことは避ける、損切りを徹底する、自分が有利な時にだけ取引を実行する、といったことです。
この辺を徹底することができれば、オプションの売りだけでも十分満足できるパフォーマンスを維持できるでしょう。損失を小さくするよう管理した上で、利益を得る回数を増やすことが総合的な収益に繋がっていくことになるのです。