バイナリーオプションは、ある物の取引相場における「売買予約の権利」の売買を行っている投資取引になり、多くの場合はその銘柄として通貨が選択されています。

これは、オプション取引の一形態なのですが、様々な物の中の一つに通貨を銘柄にしている外貨オプションがあり、通貨を銘柄にしているバイナリーオプションは、この外貨オプション取引の亜種、という形になっています。

つまり、現段階での通貨の価格から、その売買予約の権利を買い、為替差損益をりようして、その権利の期間満了の後にその売買予約の値よりも利益がでていたら権利を施行して利益を得て、利益が出ていなければその権利を放棄する」という形を利用して利益を求めているのです。

取引業者にもよりますが、国内の取引業者であれば最短で2時間、海外の業者であれば数十秒で期間が満了するために、投資した結果が出ることになり、短期型の投資取引としては非常に機能的であり、また、昨今では、インターネット回線などを利用してどこからでも取引きが行えることも魅力となっています。

また為替市場を相手にしているために、業者の対応時間にもよりますが基本的には24時間いつでも投資ができるために、日中に忙しくて時間が取れなくても投資が行え、また、取引自体にも時間がかからないために、隙間の時間を使って投資をし、用事が済んだ後にその結果を確認する、という事もできるのです。

判定期間の短い取引業者を選べば、細かな投資を繰り返して短期間に莫大な利益を上げることも可能ですし、また、判定期間の長いものを選べば、ゆったりとした投資取引をおこなうこともできます。

バイナリーオプションにおいては、おおよその取引きは二者択一になるために、無作為に投資をしても勝率は五割であり、しかしながら、手数料などを考えると六割以上の勝率がないと資産が減ってしまうため、為替相場の予測精度を高めなくては利益が望めない、本格的な投資取引の側面も持ち合わせているのです。